産業支援機構は、企業が見逃している収益機会を助言することにより、日本経済の発展に寄与してまいります。

人口動態の変化、価値観の多様化、生活者の消費抑制など、国内企業にとって熾烈な環境が続いております。業績拡大のためには、「海外展開」や「業界の垣根を越えた参入」も施策の一つではあります。しかしながら、そこには既に事業を行っている企業がおり、また、目に見える機会は誰もが参入できますから、待っているのは当然、パイの奪い合いです。

もはや継続的な業績拡大が困難なような暗澹たる気持ちになりますが、業界の常識に捕らわれていない第三者から見ると、収益機会は数多く存在しております。

産業支援機構は、企業が見逃している収益機会を助言することにより業績を向上させ、日本経済の発展に寄与してまいります。